山崎夕貴アナと交際中の芸人・おばたのお兄さんに浮気発覚!!地方に住む女性と・・・

今月7日に「女性セブン」が報じた、

フジテレビ・山崎夕貴アナ(29)と


お笑い芸人・おばたのお兄さん(29)の熱愛。

 

2人の熱愛には“好感が持てる”と、

応援する声が多かったのだが。。

 

しかし、「フライデー」のスクープにより、

おばたのお兄さんの浮気が発覚!!

 

地方に住む女性との卑猥なやり取りが・・・

スポンサードリンク



 

(以下引用)

「彼が山崎アナと交際中だという報道を見て、

 ショックでした。

 私には『彼女はいない』と言っていたのに…」

 

吉木りさ似の20代美女・Aさん

本誌にこう告発する。

 

彼女の怒りの矛先は、

小栗旬のモノマネで人気の

芸人・おばたのお兄さん

 

先日、『女性セブン』で

フジテレビの山崎夕貴アナとの

熱愛が報じられたばかりのオトコだ。

 

そんなが、あろうことか

山崎アナと親密な関係になっていたころ、

 

自分のファンにも手を出していたというのだ。

 

ツイッターのダイレクトメッセージを通じて

知り合った二人が関係を持ったのは、5月上旬。

 

地方に住むAさんが彼のライブ観劇のために

上京した際のことだった。

 

「ライブ後に、おばたのお兄さんから

 『もうホテルは決まったの?』

 とメッセージが送られてきたんです。

 ホテルに来た彼は、

 『この部屋暑くない?

  野球拳しようよ!』

 と誘ってきた。

 セックスが終わると、

 『終電で帰らなきゃ。

  今度東京に来たら連絡して。

  次はウチに泊めてあげる』

 と言い残して帰っていきました」

 

果たして山崎アナ

この件を知っていたのだろうか。

 

本誌は6月中旬の早朝、

出勤前の彼女を直撃した。

 

――実は、彼が先月、

別の女性と関係を持っていた

という話を聞いたもので。

 

「え…そうなんですか?

 さすがにそんなことはしないと思うんですけど…。

 本人に確認してみないと、なんとも言えません。ハハハ…」

 

「別の女性と関係」というフレーズを聞いた途端、

強張った表情を浮かべた山崎アナ

 

平静を装うためか、大きな笑顔を作りながら

「すみません、もう会社に行くので」

と去っていった。

 

6月23日発売のFRIDAY最新号では、

おばたのお兄さんへの直撃写真や

この浮気騒動の詳細について報じている。

(以上引用 フライデーより)

 

女性セブンが2人の熱愛を報じた翌日、

山崎アナは自身がMCを務める

『ノンストップ!』(フジテレビ)で、

「そういう感じですね。」

と、との熱愛を認めた。

 

また、日刊スポーツの取材に

おばたのお兄さん

「きっかけは共演。

 そこからで、つきあい始めたのは、

 ごく最近です。」

とコメントしていた。

 

2人は、去年12月におばたがゲスト出演した

『ノンストップ!』で知り合い、

 

今年5月から交際を開始したという。

 

山崎アナはもともと、

彼のファンだったというが、、

 

おばたはSNSで通じ合った女性と

5月上旬に男女の関係に。。

 

その後もおばたは女性に

何度もアプローチをかけていたようだが、

 

山崎アナとの交際報道が出たあとは、

その誘いもピタリと止んだという。

 

山崎アナはフライデーの取材に


さすがにそんなことは

 しないと思うんですけど

と答えていたが、、

 

おばたは山崎と交際後に、

浮気女性とも連絡を取っていたことも

認めているようで、

スポンサードリンク



 

そんなクズすぎるおばたにネット上では、

・何やっとんねん……

・最低だな!

・おばたのお兄さんは
 ヘタしたら終わるよ。

・みんなに祝福されてたのにね

・ファンに手出す芸人多いなー。

・えー!このカップル結構好きだったのに

・もう捨てられますね。その方がいい。
 あまりにも格差がありすぎ。
 山崎サイドは喜んでいるでしょうね。

・おばたのお兄さんもう終わりだな。
 フジテレビにはもう出られませんな。

・なんか、局アナとは思えないくらい、
 いい意味で素朴そうな人。
 山崎アナはもっといい人いるよ。
 一時の楽しかった思い出として
 割り切ったほうがいいわ。

・ちょっと売れたらこれだよ。
 消えた~。フジは出禁。

・最近、すぐ暴露する女ばっかだよね。
 まぁ男のが悪いんだけど、
 女見る目ない奴ばっか。

・野球拳しよって、、、、
 いつの時代の脱がせ技だよ!
 せっかく知名度上がったのに
 恩を仇で返したね。

・まさか浮気するとこも
 本家の小栗と一緒とは

・お金はないけど
 人柄がいいという彼ではあったが、
 その人柄もフェイクだったとは・・・。
 ただの遊び人でしたね。

・最低最悪。
 最近では珍しく祝福してくれてる人、
 応援してくれる人多かったカップルなのに。
 山崎アナかわいそう

・はやっ!もう浮気したんか!

・野球拳とかwww
 終電で帰らなとか、アホ過ぎるやろ。
 色々残念過ぎるやっちゃ(笑)

・おばたとかファンの中では
 ヤリ○ンで有名だよ

などの声が!!

 

おばたのお兄さんについては、

もとはお笑いコンビ

『ひので』

として活動していたものの、

 

2016年1月31日にコンビは解散し、

その後は“ピン芸人”として活動。

 

現在は俳優・小栗旬に扮した

モノマネ芸人として・・・

クオリティの高い芸を披露しつつ、

 

過去におばたが出演した

『櫻井・有吉THE夜会』(TBS系)

では、小栗旬から・・・


モノマネのお墨付きをもらっている。

 

山崎アナとの交際報道で知名度をあげ、

今年は学園祭などのオファーも倍増したというおばた

 

しかし、今回の浮気発覚により、

やはり“売名行為”だったのでは!?

と批判が殺到しているのはもちろん、、

 

山崎アナを裏切ったことで、

今後は増えていた仕事が・・・


激減するのは間違いないだろう。。

 

※フライデーでは浮気相手とのやり取りや、

浮気相手とホテルでくつろぐ

おばたの姿も・・・


掲載されている。。

スポンサードリンク

関連記事

ハリウッド俳優・渡辺謙、南果歩と離婚成立!不倫相手と再婚の噂も!

かつては“おしどり夫婦”と言われていたハリウッド俳優・渡辺謙(58)と女優・南果歩(54)が離婚

記事を読む

千葉真一の息子・真剣佑に隠し子が発覚!14歳のときに30代の既婚子持ち女性と・・・

千葉真一(77)の息子で俳優の 真剣佑(まっけんゆう)に・・・ “隠し子”の存在が明

記事を読む

介護してないのがバレた小室哲哉がKEIKOと離婚、不倫相手と再婚か!?

今年1月に不倫を報じられた『週刊文春』によって、今度は妻・KEIKO(45)の介護をしていなかったこ

記事を読む

市川海老蔵が法廷バトル?亡くなった麻央さんの治療方針や治療費をめぐり・・・

乳ガンとの壮絶な戦いの末、 6月22日に亡くなった小林麻央さん(34)。  

記事を読む

原爆TシャツでMステ出禁となった『防弾少年団』、紅白出場も白紙に!

出典:ツイッターより 原爆投下の写真がプリントされたTシャツをメンバーが着ていたことで、日本国

記事を読む

【示談金3000万円】17歳少女妊娠騒動は完全決着か!?お腹の子については・・・

今年9月に「東スポ」がスクープした、 ある“超人気アイドルグループ”のメンバーによる、

記事を読む

渡辺謙、ゲス不倫の代償!!早速CM削除で「渡辺外し」本格化!!

「週刊文春」によって、 元ホステスとの不倫を報じられた・・・ 俳優・渡辺謙(57)。

記事を読む

妻を“毒母”呼ばわりされたキムタクの逆襲が始まる!

20日からスタートするドラマ『グランメゾン東京』で主演を務め、来年新春に放送される2夜連続ドラマ『教

記事を読む

フィギュア高橋大輔はガチでオネエだった!?

2002年に行われた 世界ジュニアフィギュアスケート選手権 優勝を初めとして、 &

記事を読む

嵐のセコイ特典商法にファン激怒!!酷い特典の内容が・・・

先月26日に嵐のNEWアルバム、 『Are You Happy?』 が発売され、、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク
妻を“毒母”呼ばわりされたキムタクの逆襲が始まる!

20日からスタートするドラマ『グランメゾン東京』で主演を務め、来年新春

ちんちくりんモデル・Koki,が『トモコイズミ』のショーで“着ぐるみバイト”のような姿を披露するwww

コスチュームデザイナー・小泉智貴氏が手掛けるファッションブランド『トモ

金塊強奪犯が暴露本を出版!帯には宮迫博之の写真、疑惑の手越祐也は・・・

7億円金塊強奪事件の主犯格である野口和樹被告が、事件の裏側を綴った暴露

【池袋暴走事故】今だ逮捕されない上級国民・飯塚幸三、週刊FLASHの取材に「体調はよくない」と答えるも・・・

母子2人が死亡し、10人が負傷する暴走事故を起こしても、今だ逮捕すらさ

木下優樹菜の恫喝DM騒動、某事務所幹部が東スポに“記事差し止め圧力”をかけていた!

出典:木下優樹菜 インスタグラム 姉が働いていたタピオカ店のオー

→もっと見る

  • スポンサードリンク
    スポンサードリンク
PAGE TOP ↑