離婚を決意した船越英一郎の“2つの出来事”とは!?

公開日: : 最終更新日:2017/07/14 芸能情報 ,

暴走中の妻・松居一代から

“バイアグラ100ml男”

というアダ名まで付けられ、

 

そんな妻に対し現在・・・


“離婚調停を申し立てている”

という夫・船越英一郎(56)。

 

このまま松居がすんなり離婚を受け入れる

可能性は低いと思うが、

 

そんな船越には離婚を決意した

“2つの出来事”

があるといい。。

スポンサードリンク



 

(以下引用)

連日のように松居から

ネット上で口撃を受けながらも

 

対照的に沈黙を続けている船越

 

そんな、最近の彼の様子を、

長年の友人でこれまでも何かと相談を受けていた

B氏が明かしてくれた。

 

「あんなに言われていますが、

 離婚の決心がついたからか、

 とても落ち着いていましたよ。

 体調も元気そうでした。

 松居さんから一方的に言われていることについて

 どう思っているのかを船越さんに聞いたら、

 “本当は自分が出ていって話すべきなんだろうけど、

  今、僕が話すと彼女がまた燃え上がっちゃうからね”

 っておっしゃってました。

 彼女の気持ちを荒らげちゃいけないっていう、

 思いやりでしょうね」

 

船越が離婚の決心を固めたのは、

ある2つの出来事が起こったからだ。

 

「’15年に松居さんが著書の出版会見で、

 2週間前に亡くなった川島なお美さんと

 船越さんが過去に交際していたことを突然、

 暴露したんです。

 さすがに亡くなった人を

 自分の商売に利用したことに

 “怒りを通りこしてあきれた”

 とおっしゃっていましたね。

 それでも、川島さんの遺族にも迷惑がかかるし、

 “もう、そんなことするな”

 と怒ったんです」

 

その数日後、

船越の住むマンションの玄関前に、

 

突然、仏壇が置かれていたという。

 

「あの仏壇はひとりで運べるような

 重さじゃないですよ。

 しかも隣には、

 まるで捨てたかのように船越さんのお父さん、

 お母さん、妹さんの3つの位牌が逆さになって

 入れられた紙袋が置かれていたんです。

 携帯の写真を見せながら私に話してくれましたが、

 とても悲しそうに話していたのを忘れません。

 彼女がさみしがり屋だからという気遣いと

 何か仕返しされるという怖さから

 なかなか離婚を決断できなかった。

 でも、これらの出来事で腹を決めたんです」

 

その後、船越から離婚の話し合いを

何度も提案したが、実現しなかった。

 

しかたなく、今年6月に

家庭裁判所へ離婚調停の申し立てをしたのだ。

 

「彼は

 “もう(松居に)さんざん言われ続けているので、

  ゼロからマイナスになっているけど、しょうがない”

 って話してました。

 芸能人として人気を失ってもしかたがないって

 思っているんでしょう。

 それくらいの覚悟で離婚しようと決めているんです。

 でも、彼に非はないし、

 私は絶対に世間やファンの方々は

 わかってくれると思っています」

 

B氏は船越の固い決意をそう代弁する。

 

今後、ドロ沼の離婚裁判になったら、

どれくらいの期間争うことになるのだろうか?

 

離婚裁判に詳しい

『弁護士法人・響』

の徳原聖雨弁護士に話を聞いた。

 

「離婚調停が不調に終われば家庭裁判所に申し立て、

 訴訟を起こすことになります。

 例えば、そこで離婚が認められても

 松居さんが納得できなかった場合、

 控訴して高等裁判所での裁判となります。

 それでも同じような判決が出た場合に

 最高裁判所に申し立てできるかというと、

 そうでもなく、上告する条件が必要です。

 最高裁は憲法違反を含む案件など、

 限定的なケースを扱います。

 今回は最高裁が受け入れるまでの

 要件はないと思いますね。

 高等裁判所止まりでしょう。

 ですので、地裁で1年、高等裁判所で1年、

 合計2年。

 長いと3年くらいかかる可能性があります」

 

両者にとって安寧の日が来るのは

先になりそうだ。

(以上引用 週刊女性より)

スポンサードリンク



 

今月5日に松居はユーチューブにて、

“私の財産を女と一緒に

 奪い取ろうとしている”

と主張していたが、

 

関係者によると、

裁判所に船越側が提出した

“離婚調停申立書”

には、

 

離婚する際は、

“財産を一切要求しない”

などの記載があるという。

 

また船越自身

「別れるためならお金は一切いらない」

と関係者に話しているといい、

 

申立書は今週中にも裁判所から、

松居の元に届く見通しのようで。。

 

申立書の記載内容に松居は、

何らかの対応をみせるのか!?

 

しかし、川島なお美の件

仏壇をマンションの玄関前に置くなど、

 

松居一代の異常ともいえる行動に

ネット上では、

・BBA怖過ぎるわ

・川島なお美の件はたしかに酷かった・・・

・こわ、仏壇を粗末に扱うなんて。
 親はどういう教育をしてたんだろう

・腹が立ったら何をしても良いと思っているのだろうか。
 船越さんに今までしてきたこともかなりひどいのに、
 世の中の人を巻き込んで
 病気の事やえげつないことまで暴露して、
 還暦にもなって恥ずかしくないのでしょうか。
 会った事もない人を家族と呼んで、
 助けてくださいと連呼して、
 夫婦間のプライベートな事まで動画で暴露。
 船越さんもお仕事があるのに、
 あまりに一方的で卑劣なやり方

・仏壇の件が本当ならヤバイね。
 動画見る限り精神に異常きたしているように思う。
 刃傷沙汰になりかねんよ

・これはそこらの怪談より怖い話として
 船越がうまく語ればすごく良くなる

・松居さんは感覚がかけ離れているところが多すぎる。
 この年齢では矯正は難しいだろうな

などの意見が。

 

そして、今月6日にブログを更新した際、

『バイアグラ100ml男

 船越英一郎と全面戦争はじまりますよ』

と宣戦布告していた松居だが、

 

本日、更新したブログでは

「不倫に怒っているんじゃないよ

 未練なんか、微塵もありません」

と綴り、

 

「この戦いは、夫婦の問題じゃないんですよ

 ただの、夫婦げんかでは、ないんですよ」

 

としたうえで、

 

「芸能界の恐ろしさ 39年間身を置かせていただいた

 この、芸能界の恐ろしさに立ち上がっているんです

 私は、たった、一人の自分の事務所です」

と、松居が宣戦布告していた敵の対象が・・・


いつの間にか“芸能界”に変わっておりw

 

今月10日に自身が司会を務める

『ごごナマ』

に出演した際・・・


“やつれている”

と、船越を心配する声も。

 

松居の行動をみる限り、

離婚が認められるまで

まだまだ時間がかかりそうだが。。

 

船越の離婚が・・・


早く成立することを願うばかりだ。

 

【関連記事】
松居一代が“船越の別宅”の真相を暴露!大宮エリーが原因として恥ずかしい手紙&シールを公開!!

スポンサードリンク

関連記事

成宮寛貴のコカイン疑惑、事実無根でも仕事を干される可能性!!さらに新事実が・・・

先日、「フライデー」によって、 “コカインを吸引していた?” とされる写真をスクープされ

記事を読む

伊勢谷友介が森星と半同棲中!長澤まさみとは・・・

俳優・伊勢谷友介(39)と モデル&タレント・森泉の妹で、 モデル&タレントの森星(23

記事を読む

小倉優子の夫・菊池勲が馬越幸子とゲス不倫!彼女のマンションから2人で・・・

“こりん星”の住人で、2011年に カリスマ美容師・菊池勲(45)と結婚した 小倉優

記事を読む

ベッキーと不倫したゲス川谷絵音が離婚しない方針で、妻との関係を修復!

レギュラー番組、CM出演など... 全ての芸能活動を捨て去ってまでも  

記事を読む

中居正広、やはりジャニーズから独立か!?“アイドル辞めます”と個人事務所を設立し・・・

“SMAP解散”まで約1ヵ月となった現在、 年末に放送される紅白歌合戦にも出場しないSMAPは

記事を読む

小栗旬の“2億5千万円”大豪邸でご近所トラブル!騒音に次ぐ騒音で・・・

2012年に山田優(32)と結婚し、 今から2年前ほど前に都内の一等地にて、 50坪を超

記事を読む

山口達也のケガは自転車転倒ではなく、酒癖の悪さでトラブルに巻き込まれた!?

7月4日の『ZIP』に登場した山口達也(44)の姿が、 眼帯&絆創膏という姿になっており、

記事を読む

「愛人になればいいんだよ」葉加瀬太郎が大滝裕子とゲス不倫!!

『情熱大陸』のテーマ曲を手掛け、 世界的なバイオリニストとしても有名な 葉加瀬太郎(49

記事を読む

香取慎吾、草なぎ剛、稲垣吾郎が9月をもってジャニーズ退所へ!?中居と木村は・・・

キムタク以外の元SMAPメンバーは、 全員ジャニーズ事務所を退所するのでは? と噂されて

記事を読む

相武紗季と結婚した小宮生也が黒過ぎる!ヤミ金や反社会的勢力との・・・

今月3日に結婚を発表した 女優・相武紗季(30)。   お相手となる男性

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク
  • スポンサードリンク
    スポンサードリンク
PAGE TOP ↑