『イッテQ!』出演の女性タレントKに“彼氏との全裸写真”流出!写真は河北麻友子!?

公開日: : 最終更新日:2017/08/02 芸能情報 ,

29日に発売された

『実話ナックルズ』(ミリオン出版)

にて、

 

日テレの大人気番組、

『世界の果てまでイッテQ!』

に出演する女性タレント「K」の・・・


彼氏との全裸写真キス写真が掲載された!!

 

同誌では「女性タレント・K」と名前は

伏せられているものの、

 

写真の人物は、

K = 河北麻友子(25)では?と・・・。

スポンサードリンク



 

(以下引用)

「掲載された写真は、Kとされる女性と

 サッカー選手の男性のツーショット写真で、

 6年前のものだといいます。

 中には2人が温泉に入っている“全裸写真”もあり、

 カメラ目線であることから、

 盗撮されたわけではなさそう。

 この女性がKであるならば、

 なぜ芸能界に身を置く彼女が、

 このような写真を撮ってしまったのかと、

 理解に苦しみます」

(週刊誌記者)

 

Kは、『イッテQ!』など、

数々の人気番組に出演しているほか、

 

モデルとしても人気を博し、

さらにはドラマや映画での主演歴もある

「マルチに活躍する売れっ子タレント」(同)

だという。

 

「Kのことを

 “お嬢様の帰国子女タレント”

 と認識している人も少なくないのでは。

 お父さんが会社経営をしていて、

 アメリカにあるという実家が大豪邸だと

 番組で取り上げられたこともありました。

 裕福な家庭に生まれ育った美人タレントとして、

 ネット上では

 『生まれながらの勝ち組』

 『こんな絵に描いたようなセレブが実在するなんて』

 と羨望の声が上がっていたんです。

 『お嬢様だけど、気取ったところがない』

 『親しみやすいキャラクター』

 ともいわれていましたね」

(同)

 

そんな世間のイメージを覆すような、

今回の流出騒動。

 

仕事への影響は計り知れないという。

 

「『イッテQ!』は、

 テレビ界全体の視聴率が低迷する中、

 20%超えを連発する日テレの看板番組。

 放送文化の発展と向上に貢献した番組や個人、

 団体などに贈られる

 『ギャラクシー賞』

 の特別賞を受賞する優良番組として、

 子どもからお年寄りまで

 幅広い層に支持されているんです。

 流出写真に写る人物がKであると確定し、

 世間で大きな話題になってしまえば、

 必然的にスタッフ間で、Kの進退について

 話し合いがもたれる可能性は大いにあります。

 かつて『フライデー』(講談社)に

 “大股開き写真”を掲載された香里奈が、

 一時期芸能界で“干されていた”ような事態に

 追い込まれるかもしれません」

(同)

 

Kとされる女性の流出写真は、

「『ナックルズ』に掲載された

 写真以外にも存在しており、

 マスコミ関係者の間で出回っている」

(同)との声も。

 

現在、Kとその関係者は、

どのような心境にあるのだろうか。

(以上引用 サイゾーウーマンより)

 

マスコミ関係者の間では、

この「女性タレント・K」の全裸写真は

前から噂になっていたようで。。

 

6年前に撮られたという写真は

目隠しされているものの・・・

河北麻友子に見えなくもなく。。

 

※河北麻友子

 

写真の流出元は不明であるものの、

ツーショット写真はまだまだ

大量に存在するという!!

 

また、Kと一緒に写る男性は

“有名サッカー選手”

ということだが、

 

2014年にK

当時ジュビロ磐田で活躍していた、


小林祐希(25)との熱愛疑惑があり、

 

小林選手とは2011年頃から・・・


交際が始まったと噂されていた。

 

写真を見比べてみると、


小林選手に似ている?気もするが。。

 

当初、Kは『イッテQ!』に

出演しているということで、

 

森三中・黒沢かずこ(38)

たんぽぽ・川村エミコ(37)

女優・木村佳乃(41)

 

などの名前が挙がっていたが、、

 

実話ナックルズが写真を掲載したことで

ネット上では、

・あのガリガリお嬢様か

・河北麻友子じゃん

・河北なら驚かないや(笑)

・河北とか
 「コイツなら仕方ない」
 ぐらいにしか思わない

・出川ガールで好感度上げたのに

・河北だろう。
 帰国子女だから奔放なのは当然!

・河北麻友子はアメリカ国籍

・視聴者ほぼ主婦層の番組だしオワタな

・オスカーって
 25まで恋愛禁止じゃないの?

・ルールって
 オスカーの誰一人守ってないあれかw

・こんなの名前出してないようで
 出してるようなもんじゃんw

などの声が!!

スポンサードリンク



 

なぜ6年前の写真が今頃になって

流出してしまったのか?も謎であるが、

 

Kのことを恨んでいる人物が

写真を雑誌にリークしたのか!?

 

実話ナックルズの記事内には

芸能関係者の話として、

 

“Kは近く、大きな仕事があるらしく、

 そのタイミングを狙ってリークしたのでは?”

 

というような内容の話も掲載されており。。

 

もし仮にK=河北麻友子で確定なら、

現在、彼女は『イッテQ!』以外にも

『ヒルナンデス!』(日本テレビ)

『東京EXTRA』(TBS)

など、

 

複数のレギュラーを持っているだけに、、

 

“香里奈の大股開き写真”ほどの

インパクトはないが・・・


イメージダウンは避けられないかと。。

 

また、彼女が所属する

「オスカープロモーション」では、

“20歳以上ならデビュー後5年、

 10代なら25歳まで恋愛禁止”

という恋愛禁止ルールがあり、

 

もし、写真が本人だとしたら・・・

規約違反ということに。。

 

写真が公開されてしまったKは、

やはり河北麻友子なのだろうか?

 

実話ナックルズいわく、

「これはあの女優の”愛の記録”です。

 テレビやCMで人気急上昇中の河◯麻◯子ですよ。」

という事みたいだwww

 

【次の記事】
“全裸写真”流出!疑惑の河北麻友子に記者が容赦ない質問「この写真って河北さんですか?」

スポンサードリンク

関連記事

小出恵介 淫行事件の黒幕「セラミック松村」が真相について語った!!

17歳のシングルマザー・江原ほのりと淫行し、 現在、無期限活動停止中の俳優・小出恵介(33

記事を読む

山口達也はキスだけじゃなかった!女子高生の顔からは“唾液”も検出され・・・

女子高生への“強制わいせつ”疑惑で起訴猶予処分となり、ジャニーズ事務所から退所することになった元

記事を読む

清水富美加の元不倫相手はAlexandros・川上洋平か!?同じギターを・・・

「幸福の科学」に出家し、 今後は千眼美子として活動する 清水富美加(22)。

記事を読む

セレブタレント・森泉が「ペット異臭騒ぎ」でご近所トラブルに!

セレブタレントの森泉(35)が、 「ペット異臭騒ぎ」 で、ご近所トラブルを起こしていた!

記事を読む

嵐・相葉雅紀に“交際5年”熱愛発覚!すでに彼女とは半同棲中で・・・

嵐・相葉雅紀(34)に“5年以上”交際している彼女の存在が明らかとなった。 「FLASH」

記事を読む

ビートたけしが『オフィス北野』を辞めて“愛人”と独立!殿の行動にガダルカナル・タカは・・・

今月末に30年間所属した『オフィス北野』から独立し、4月から“愛人”と3年前に設立した会社を軸に活動

記事を読む

高畑裕太の現在の姿wwwロン毛&ヒゲ面で遺品整理のアルバイトをしていた!

2016年8月に、自身が宿泊していたホテル従業員女性に性的暴行を加えたとして、強姦致傷容疑(不起訴)

記事を読む

工藤静香がインスタ開設!キムタク含め、夫婦揃ってここまで空気が読めないとは・・・

キムタクの妻、工藤静香(46)が 公式インスタグラムを開設し・・・ “夫婦揃って空気

記事を読む

福山雅治「ラヴソング」が月9史上最低8.5%で大爆死!ましゃ神話崩壊へ・・・

福山雅治が主演でも・・・ 放送前から視聴率が危ぶまれていた、、 月9ドラマ『ラヴソン

記事を読む

関ジャニ∞の仕事が激減!事務所がジャニーズWESTの売り出しに・・・

関西ならではのツッコミや ノリの良さが人気の関ジャニ∞だが、 仕事が激減するという、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク
日本代表戦の特番に出演した手越祐也のヘラヘラMCに批判殺到!「不愉快です」「なぜ活動自粛してないの!?」

日本時間25日未明に始まった『2018 FIFAワールドカップ ロシア

Hey! Say! JUMP 岡本圭人、グループは脱退せず“活動休止”へ!ぶっちゃけ彼がグループを抜けても影響なし(笑)

出典:keitoru_jump インスタグラムより 先日、週刊文

小室圭&母・佳代が秋篠宮邸で緊急会談!さらに佳子さまの小室評がwww

現在、秋篠宮邸から事実上の“出禁”を言い渡されている小室圭&母・佳代だ

未成年飲酒の小山慶一郎が『MUSIC FAIR』で早くも復帰!!

“未成年飲酒”騒動により、今月7日から活動自粛していたNEWS・小

【文春砲】岡本圭人が“素行不良”によりHey! Say! JUMP脱退へ!

NEWS・手越祐也の未成年飲酒に引き続き、またしても文春砲により今度は

→もっと見る

  • スポンサードリンク
    スポンサードリンク
PAGE TOP ↑